ジェルとの違い

最近、特にテレビコマーシャルや、女性向けマガジンの広告などで目にする、オールインワンゲルとオールインワンジェルです。

 

本来、化粧水や美容クリームなどをいくつも使わなければならない、手間のかかるスキンケアをオールインワンゲル(ジェル)1つでこなしてしまうという、時間短縮スキンケア製品として、忙しい女性から人気を呼んでいます。

 

ですが、普段何気なく使っていたとしても、オールインワンゲルとオールインワンジェルでは、何が違うのか不思議に思う方も多いのではないでしょうか。

 

ゲルもジェルもGELと書きますが、ゲルはドイツ語読み、ジェルは英語読みになります。では、やはり同じ物なのかと言えば、厳密には多少違います。

 

ジェルは、ジェリー(ゼリー)状という意味を持ち、ゲルに比べると水分量が多く、少しの刺激によって、すぐに潰れるほど柔らかい状態を指します。ゲルについては、弾力性と粘性を持つ個体であり、ジェルに比べるとある程度の硬さがあり、コンニャクやコラーゲンなどもゲルの一種になります。

 

ゲルはスキンケア製品に使われると、ぬめぬめ、ねばねばとした成分で保湿成分や美容成分を包んでしまう為、保湿効果や美容効果が長持ちするというメリットがありますが、ジェルに比べると使用感が多少重いと感じる方もいらっしゃるようです。

 

反対にジェルの方は使い心地がサラリとして肌に馴染みやすいという利点が挙げられるようです。どちらを選ぶかはユーザーの好み次第であると言えます。

 

関連ページ

オールインワンゲルとは
オールインワンゲルとはどのようなアイテムなのか説明します。
オールインワンゲルの歴史
オールインワンゲルの歴史について説明します。
オールインワンゲルのメリットとデメリット
オールインワンゲルのメリットとデメリットについて説明します。
オールインワンゲルの効果
オールインワンゲルの効果トについて説明します。
オールインワンゲルとBBクリームとの違い
オールインワンゲルとBBクリームとの違いについて説明します。